映画一言感想文

あくまでも個人的な個人的すぎる感想文(感想文ですので若干ネタバレもあります)

『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)

地球温暖化により、南極大陸の棚氷が融け始めた。棚氷の調査中にその光景を見た気象学者のジャック・ホール(デニス・クエイド)は、温暖化によって極地などの氷が融解して真水が海へと供給されることで海水の塩分濃度の変化が起こるなどした結果、海流の急変が発生し、これが将来的に氷河期を引き起こす可能性を考え、危機を訴えたが、副大統領などには相手にされなかった。

しかし、その数日後から世界各地で異常気象が頻発。

東京ではゴルフボールサイズの巨大な雹が降り注ぎ、ロサンゼルスは巨大な竜巻によって壊滅し、イギリスではスーパー・フリーズ現象によってオイルが凍結してイギリス軍のヘリコプターが墜落。

ジャックの息子であるサム(ジェイク・ギレンホール)と友人のいるニューヨークには豪雨と巨大な高潮が押し寄せた。そして、ジャックの予測した数週間後に起こるはずだった氷河期が目前に...

 

いわゆるホンモノの方の作品。

(余談だが「デイ・アフター・トゥモロ ー2020」といういかにも偽物感満載のアサイラム作品もある...)

息子役のジェイク・ギレンホールが若いね!デニス・クエイドは今とあんまり変わらん気もするけど笑

ジェイクは今や飛ぶ鳥を落とす...と言うか飛ぶスパイダーマンを落とす勢いでヴィランでも何でもこなすスゴい俳優さんに成長してるけど、当時は好青年だわ~

氷河期のNY怖すぎるわ、しかも「目」が通り過ぎる時の冷気が襲ってくる様、ラストも自由の女神に吹き付けて凍った氷柱、可能性ゼロではないかもと思わせるような迫力。

公開当時も見てスゴいな~と迫力に感動したけど同じ様に惹き込まれたわ。

やっぱりホンモノは違う度120