映画一言感想文

あくまでも個人的な個人的すぎる感想文(感想文ですので若干ネタバレもあります)

『マトリックス リローデッド』(2003)

自分が暮らしていた世界が実はコンピュータが作り出した仮想現実の世界と知り、モーフィアス率いるゲリラ集団に加わり、やがて人類の救世主として覚醒したネオ。 コンピュータの支配から人類を解放するための闘いを続けるネオとその仲間たちだったが、ある時…

『マトリックス』(1999)

プログラマーとしてソフト会社に勤務するトーマス・アンダーソン(キアヌ・リーブス)は、ネオという名で知られた凄腕ハッカー。 ある日、トリニティ(キャリー=アン・モス)と名乗る美女から接触を受けたネオは、彼を探していたという男、モーフィアス(ローレ…

『総理の夫』(2021)

ソウマグローバル社の御曹司で、鳥類研究所に勤務する鳥オタクの日和(田中圭)。 彼の妻・凛子(中谷美紀)は少数野党の党首として活躍する政界注目の国会議員だったが、日和自身は政治にはまるで無縁だった。 そんなある日、凛子が日本初の女性総理に就任。 突…

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(2016)

(https://seachild.hatenablog.com/entry/2022/09/25/095412)前回のショーの後、1年以上の潜伏を経て、フォー・ホースメンが再び動き出す。 今回のターゲットは大手IT企業オクタ社。 オクタが主催するイベントを乗っ取り、携帯電話事業に隠された社の陰謀を…

『グランド・イリュージョン』(2013)

マジシャンとして一流の腕を持つアトラス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、フォー・ホースメンというスーパーイリュージョニストグループを束ねていた。 彼らはマジックショーの中で、ラスベガスから一歩も動くことなく、パリにある銀行から金を奪ってみせた…

『決戦は日曜日』(2022)

地元で強い基盤を持つ衆議院議員である川上昌平の私設秘書を務めてきた谷村勉(窪田正孝)だが、30歳となり秘書として中堅となった昨今、政治への意欲はすっかり薄れてきていた。 そんな中で病で倒れた川上に代わり、娘の有美(宮沢りえ)が立候補することになっ…

『ダーク・アンド・ウィケッド』(2021)

農場を営むテキサスの実家から離れ、別々に暮らすルイーズとマイケルの姉弟。 病身の父親の状態が良くないと聞かされた彼らは、長らく帰っていなかった実家を訪れる。 最期を迎えようとする父親を見守っていた母親は、二人の姿を目にするや「来るなと言った…

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)

1994年10月、モンゴメリー大学映画学科に在籍する三人の学生が魔女伝説を題材としたドキュメンタリー映画を撮影するために森に向かう。 その土地に今なお残る伝説の魔女「ブレア・ウィッチ」の森の中で撮影を続ける三人は、不可解な現象にまきこまれ想像を絶…

『バトル・インフェルノ』(2020)

マックスとドリューはリアルタイムで悪魔払いの儀式を配信するヤラセ番組「除霊の時間」で荒稼ぎしていた。 ある日、取り憑かれた人間役の俳優が姿を現さず、ドリューの婚約者レーンが代役として出演することに。 しかしレーンは台本を無視し、まるで本物の…

『レリック -遺物-』(2020)

森に囲まれた家でひとり暮らしをする老女エドナが姿を消した。 一報を受けエドナの家に急行した娘ケイと孫娘サムは、エドナが認知症に苦しんでいた痕跡を発見。 2人が心配する中、突然エドナは帰宅する。 しかしその様子には違和感があり、まるで見知らぬ誰…

『ドライブ・マイ・カー』(2021)

脚本家である妻の音(霧島れいか)と幸せな日々を過ごしていた舞台俳優兼演出家の家福悠介(西島秀俊)だが、ある日突然妻に先立たれてしまう。 2年後、悠介はある演劇祭で演出を担当することになり、愛車のサーブで広島に向かう。 契約上、事故を避けるために自…

『バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』(2021)

アメリカ中西部にあるラクーンシティ郊外には、かつて製薬会社アンブレラ社の工場が存在したが、今はもうそのほとんどが移転していた。 この町の施設で育ったクレア(カヤ・スコデラーリオ)は、アンブレラ社が秘密裏に行っていた研究開発についてのメッセージ…

『モンタナの目撃者』(2021)

森林消防隊員のハンナ(アンジェリーナ・ジョリー)は過去に壮絶な事件を“目撃”したことでトラウマを抱えていた。 ある日の勤務中、父の殺害現場を”目撃”してしまったがために暗殺者に追われる少年コナーに出会う。 暗殺者たちによる父の死を間近で目撃したコ…

『リトル・ミス・サンシャイン』(2006)

小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。 地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャード(グレッグ・キニア)や母のシェリル(トニ・コレット)、自殺を図ったゲイの伯父…

『土竜の唄 FINAL』(2021)

潜入捜査官“モグラ”であることを隠しながら広域指定暴力団・数寄矢会で働いてきた玲二(生田斗真)だが、いよいよ数寄矢会のドン轟周宝(岩城滉一)を追い詰めるよう求められる状況に。 そんな数寄矢会は、過去最大の取引額となる時価600億円分の麻薬を密輸しよ…

『土竜の唄 香港狂騒曲』(2016)

犯罪組織・数寄矢会に潜り込んだ潜入捜査官モグラの菊川玲二(生田斗真)は、日浦組組長・日浦匡也(堤真一)と兄弟の契りを交わし、思いがけず日浦組若頭に就任。 そのころ、容姿・頭脳・人望もピカイチの警官・兜真矢(瑛太)が警視庁組織犯罪対策部課長に…

『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』(2014)

元・交番勤務の巡査、菊川玲二(生田斗真)は警察学校を史上最低の成績で卒業、その後も月間の始末書枚数、ワースト記録樹立。 正義感は人一倍強く、誰にも遠慮することなくハッキリ物を言う、気高い心意気を持つ男。ある日、署長より突然クビを言い渡され、…

『バイオハザード: ザ・ファイナル』 (2016)

アリスが目を覚ました時、その周りに広がっていたのは荒廃したワシントンD.C.。 アリスは廃墟と化したホワイトハウス周辺の建物を徘徊するうち、あるコンピューターが設置されている部屋を見つける。その室内のモニターに映し出されたのは、アンブレラ社の人…

『バイオハザードV リトリビューション』(2012)

アルカディア号に囚われていた生存者達を救出した直後(https://seachild.hatenablog.com/entry/2022/09/16/124926)上空からアンブレラ社の戦闘部隊が急襲。 圧倒的な戦力差を前にアリスは海へ転落、絶望感と孤独感に打ちひしがれ、意識が遠のいていった。 意…

『シルクロード.com -史上最大の闇サイト-』(2021)

天才的な頭脳の持ち主であるロス・ウルブリヒト(ニック・ロビンソン)は、自由な世界を求め違法薬物や武器などを匿名で売買できる闇サイトを創設。 「シルクロード」と名付けられたサイトは「闇のAmazon」とも呼ばれるほど急成長し、警察の捜査をかわすべく彼…

『バイオハザードIV アフターライフ』(2010)

(https://seachild.hatenablog.com/entry/2022/09/15/234208)あれから3年。 T-ウイルスは世界中に蔓延し、遂に太平洋を超え、東京でも感染者が出た。そしてそこから、世界滅亡のカウントダウンが。 一方アンブレラ社は東京の地下に巨大要塞を築き、T-ウイル…

『老後の資金がありません!』(2021)

あつこ(天海祐希)は、夫(松重豊)と二人の子どもがいる一般的な主婦。節約をモットーとしており、コツコツと老後の生活資金を貯めてきた。 そんなある日、舅が他界し葬儀費用400万円近くを負担することになり、一気に貯金が目減りして気落ちしている最中、パ…

『バイオハザードIII』(2007)

ラクーンシティの惨劇(https://seachild.hatenablog.com/entry/2022/09/15/205924)から数年後、T-ウィルス汚染は食い止められず、全世界へ蔓延してしまう。 人間や動物どころか、自然をもT-ウィルスに破壊された地球は文明社会が崩壊し、膨大な数のアンデッ…

『バイオハザードII アポカリプス』(2004)

アンブレラ社の地下秘密研究所「ハイブ」から脱出してすぐ捕らえられたアリスだが(https://seachild.hatenablog.com/entry/2022/09/13/221030)目を覚ますと医療施設のような所に。 施設を出ると町は荒れ果て、バイオハザードの影響は施設内にとどまらなかっ…

『バイオハザード』(2002)

21世紀初頭。全米No.1の巨大企業であり、アメリカでの家庭用医薬品シェア90%を誇るアンブレラ社、だが真の姿は細菌兵器などの研究開発を手掛ける“軍事企業”であった。 ある日、ラクーンシティ郊外に位置するアンブレラ社の地下極秘研究所「ハイブ」で、研究…

『サメストーカー リターンズ』(2021)

夜の海で遊んでいたコートニーたち若者グループは、灯台のある立ち入り禁止の無人島に船で乗り付け、泳いでいたところをサメに襲われてしまう。 逃げ遅れたコートニーを助けてくれたのは、船で通りがかった青年デビッドだった。 大学で海洋生物学を学びたい…

『サメストーカー』(2020)

恋人の母親が開いたビーチでのパーティーに、家族で参加していたアリソン。 そんな中、船でのアクティビティーを楽しんでいた彼女の幼い弟ケビンが、海でサメに襲われてしまう。だが、船を操縦していた青年ダニエルの助けで、ケビンは軽傷で事なきを得た。こ…

『サメストーカー ビギニング』(2017)

誕生日を迎えたローラは、ボーイフレンドとともに小型クルーザーでのデートを楽しんでいた。 だが、海で泳いでいた2人は突然サメに襲われる。 近くにいた船が叫び声を聞きつけて救助に現われるが、助かったのはローラひとりだけだった。 救助した船に乗って…

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』(2022)

ある禁断の呪文を使い、マルチバースへと接続してしまってから(https://seachild.hatenablog.com/entry/2022/09/10/195819)5ヶ月後のある夜、ドクター・スティーブン・ストレンジは少女を助けようとするが怪物に致命傷を負わされる夢を見た。 その翌日、目の…

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)

(https://seachild.hatenablog.com/entry/2022/09/08/222321)前作直後。 ミステリオことベックの策略で正体を明かされてしまったピーター・パーカー/スパイダーマン。 ミステリオ殺害の容疑をかけられたピーターは、盲目の弁護士マット・マードックの尽力で…